2018年5月1日火曜日

5月になりました。
ゴールデンウィークも良い天気で始まりましたね。
ちょっと暑いぐらいです。日よけに注意しながら、
水分をしっかりとって熱中症に気をつけましょう。 
体をゆっくり慣らさないと、ですね。


衣替えの時期もそろそろです。
みなさん、考え方が違うかと思いますが、
最高気温が22℃を超えた頃がちょうど良い時期だと言われています。
昔は制服が変わる6月1日が衣替えの人も言われていたそうですが、
ちょっと遅いかな、と思って私はいつもゴールデンウォークを目指しています。
ちょうど休みもあるし、ゆっくりできる良いタイミングです。

で、早速5月1日の今朝、夏服を取り出して冬服を片付けました。

久しぶりに暖かい季節に着る服を見るとわくわくしますね。
やっぱり夏服が好きです。
まだまだ着るには早いものもありますが、これからの季節が楽しみです。

今日の衣替えはなぜかとくにそのわくわく感が強く、ふと思ったのです。

衣替えの際、シーズンオフの服をしまうときには、また半年後の衣替えの時に
衣類ケースを開けた瞬間、「早く着たい!」とわくわくするのが大切なのかなあ、と。

近藤麻理恵さんの「ときめき」と少し似ているかもしれません。


冬の黒やグレーのニットをケースにしまいながら、これって、
あまりわくわくしないなあ、と思いました。
多分10月頃にまた開けた時、衣替えがつまらなさそう、と。

もちろん、中には今年の冬に新しく買った大のお気に入りのニットも中にはあります。
それを見ると、「また秋にね!」と嬉しい気持ちで一時的にお別れも楽しかったです。

とは言っても、黒やグレーのニットとはベーシックとしてとっておきたいもの。
でもちょっと数が多いかな?
と思って、今年の冬に着なかったのや、
いい加減に型崩れも限界のものは処分しました。

ニットが半分ぐらいに減ったかな?

といあえず冬服はIKEAの衣替えケース2つに収めるのをゴールとして頑張りました。
10月に開けたら少しはわくわくできそうな感じに。

Houzz では「5月の歳時記と暮らしのカレンダー」がアップされましたので
ぜひお楽しみください。


インテリア相談&サポート
収納相談&デザインにつきましてはこちらから





2018年1月30日火曜日

雪の日

寒い日が続いています。
今週もまた雪が降るとニュースでは言われていますね。
先日の雪もまだ完全に溶けきれていないのに....  と大雪になれない
東京人としてはちょっと大変なことです。

超ハイテンションの私に比べ、北陸出身の主人は逆に冷静。
雪が降ると知って、前の日に食材を買い出ししてキッチンでもくもくと
ビーフシチュー作りに夢中になっていました。


外の景色が変わると家の中の雰囲気も違って見えるような気がします。
緑の時も素敵ですが、なんだか雪の景色もリビングに似合っていました。
もこもこのフェイクファーのクッションもまさにこの日のために買ったような...

午後は愛犬ボニーと散歩。


いつも遊んでいる広場には人がいなく、あたりは真っ白。
ボニーもいつもと景色が違うからか、ちょっと迷ってしまったよう。


東京の雪は大変だけれどやっぱり好きです。

景色も素晴らしいですし、
夫が家にいればビーフシチューを作ってくれるし。

ちなみにシチューは野菜くずを煮るところから、全部自作です。
まさに「男の料理」。

見栄えも「男の料理」。
具材がごつごつ。



スープは何度もお代わりしながら具材を食べます(笑)。

雪の日にもう一つ欠かせないのがホットチョコレート。
子供の頃、スキー場の山上のロッジでマシュマロたっぷりの
ホットチョコレートをいただいた思い出があります。


ホットミルクとココアパウダー、
そしてミニマシュマロのクリーミーなホットチョコレートは
本当に体が温まります。

寒いのは苦手でもやっぱり雪が好きです。

2018年1月20日土曜日

収納のデザインとは

1月もあっという間に後半が過ぎてしまいました。
2018年も順調にスタートしていますか?

今日は収納のお仕事についてお話をさせていただきます。

ベルギーでインテリアデザイナーとして就職を始めた頃、
インテリアに関して様々なことをやりながら、とくに多かったのが収納設計でした。

と言いますのは、ベルギーのようなヨーロッパの多くの国々では
100年以上前の建物のリノベーションの仕事が多く、
その様な古い家にはもともと、収納というものはありませんでした。

モノの収納は基本、置き家具を使っていました。
洋服はワードローブ、食器はカップボード、本はブックケースなど。


そもそも、現代人より持ちモノはかなり少なかったのでしょう。

造り付けの収納はずっと後にできたもので、
インテリアのお仕事で携わった家の多くは収納がなく、
間取りを含めて収納を考えることがよくありました。

キッチン、テレビ台、本棚、クローゼットのデザインを数多く手がけてきました。
何を入れるか、どの様なモノをお持ちかを把握するのはもちろん、
ライフスタイルや動線を考える大切さもそのときに学びました。

そして日本に戻ってあれから20年、
再び収納の仕事に携わりたいと思い、住空間収納プランナーの資格を取りました。

モノの整理のお手伝いだけではなく、収納に関する根本的な問題を
解決するサポートをするのが住空間収納プランナーの仕事。
収納が使い辛かったり、動線が悪かったりすると
どうしても片付かなくなってしまうことがよくありますよね。

そんな問題を分析し、解決法をご提案をします。


間取りを見ながら、動線を再度考え直したり、収納の中身をその人の
収納したいモノやライフスタイルに合わせて工夫をしたり....

引越し前のご新居の収納をどのように使うかのアドバイス.... 

リフォーム前や新築の設計段階でその人により適した収納のカスタマイズも。

今になってよく思うのが、ベルギーで仕事していた頃は「収納」として
意識していたよりも、暮らしのスペースの一部として考えながら
収納スペースの設計をしていました。

でも、収納スペースとは本当にそうなのではないでしょうか。
ただモノをしまう場所ではなく、日々の暮らしの中での大切な空間です。

そんな空間がアクセスしやすく、使い勝手がよく、そして見た目も美しい収納の
ご提案を心がけています。

収納サポートにご興味のある方、ぜひお問い合わせください。



2018年1月2日火曜日



素敵な一年になりますように!
今年ももどうぞよろしくお願い致します。


2017年12月28日木曜日

クリスマスツリーはいつまで飾る?




今年のクリスマスはいかがでしたか?

クリスマスも終わり、ひと段落がついたところです。
そうとは言ってもお正月の準備もあって体をよく動く毎日が続いています。

大掃除を終わればお正月の飾り付けです。
そのため、日本ではクリスマスの翌日にはツリーをしまう人も多いようですね。

キリスト教の国々ではクリスマスシーズンとはクリスマスから12日間続きます。
キリストの降誕の25日から12日間後、つまり1月5日の夜がクリスマス最後の夜。
この翌日の6日に東方から三博士がイエスキリストをとずれた
<エピファニー>(公現祭り)といいます。


このエピファニーの前夜の5日までにツリーを片付けるの一般的。
逆に5日以降もツリーを飾りっぱなしは運が悪いと言われています。

そういえば、ベルギーに住んでいた頃、
クリスマスツリーをゴミとして出せる日が決まっていました。
この日に皆さん、一斉に家の前にツリーを出していたのを覚えています。

他にも、12月31日までにツリーを片付けて
新年をフレッシュにスタートするといった説も。
前の年の「お荷物」を翌年に持ち込まないといった考え方です。


この考え方の方が日本人にとっては何となくわかりやすいかもしれませんね。

我が家ではツリーはまだリビングに飾ってあります。
12日目まで待つ年もあれば、早めに片付ける時も。
鉢植えであれば長持ちしますが、
根切りのツリーですとだんだんと葉っぱが落ちてきますよね。

鉢植えでも、床暖で乾燥しやすいのでぽとぽと落ちてくることもあります。
せっかく年末のお掃除をしたのに...

というわけで最近では26日はさすがに早いけれど、
12月31日までには片付けようといった気持ちにもなってきました。

ちょっとさみしいけれど、
お正月までには完全に切り替えて気持ちをすっきりさせる良いですね。



2017年12月7日木曜日

12月も早々に1週間目が過ぎたところ。
余裕な気持ちで今月をスタートしてのに、やはり1週間が過ぎるとやや焦り気味。



クリスマスツリーは今年は早めに買って、
最初はシンプルにライトだけを取り付けて1週間ほど緑とキラキラした光を
楽しみ、今週になってようやくオーナメントもつけてクリスマス本番に突入。


オーナメントは20数年間かけて少しずつ気に入った物を買い足してきましたが
基本は一緒。白とゴールドをベースにしたものばかり。
そこにライトがキラキラと反射してとても綺麗。
我が家は毎年、そんなシンプルカラーのツリーを楽しんでいます。



でもツリーが出来上がったからといってくつろいでいる場合ではない、
と今朝になって突然焦りの気持ちが。


イギリスと日本の文化が混ざっている私としては
クリスマスは完璧なイギリス流に、
お正月は完璧な日本風にやりたいところ。
イギリス人みたいにクリスマスは完璧にやって、
お正月もイギリス流に大晦日にカウントダウン&シャンパーンで騒いで元旦は
寝るだけというわけにはいきません。

逆に、クリスマスはシンプルに、お正月は完璧にということもあり得ないこの私。
なので12月に入ると両方が頭の中でごっちゃ混ぜになってパニック状態になるのです。


そのため、準備のリストを作成しました。
クリスマスとお正月は同時進行で準備は始まりますが、とりあえずやることと
いつまでやるかを決めてのシンプルなリストです。

⚫︎クリスマスのためにやること:
①ツリーを飾る ✔️
②その他のデコレーション(リース、キャンドルなど)✔️
③ターキーを注文 :12月10までに
④ミンスパイを作る :12月22日
⑤クリスマスプレゼントを買う:12月15日までに
⑥食材の買い出し:12月24日


⚫︎日本のお正月のためにやること
①年賀状の準備、投函:12月25日最終日
②年末の大掃除 :窓、水周り、各部屋 12月22日までに
③年末の大掃除 :玄関、仕事部屋 :12月28日までに
④年末の大掃除:換気扇、エアコン、洗濯機 ✔️
⑤お正月料理の準備:12月26日から買い物ぼちぼち
⑥お正月の飾り:12月28日

✔️はまだ少ないですが、これからゴールに向けて頑張ります。
自分のゴールさえ守ればなんとか穏やかな12月が過ごせそう。

みなさんも焦りすぎず、良いペースを決めてがんばってください。

ちなみに、Houzzのサイトでは毎月「暮らしのカレンダー」の連載を
させていただいています。











2017年12月1日金曜日

ヒュッゲな12月を目指す



最近、日本でもよく聞くようになったデンマーク語の言葉「ヒュッゲ」(hygge)。
ヒュッゲとは一言では訳せない、デンマーク人の生活スタイルを表す表現。
「ほっこりした、心地よい時間や空間」のようなニュアンスを持ちます。

キャンドルライトの炎がゆらゆらと揺れる温かなムード。
柔らかなブランケットに包まれ、ホットワインやココアを飲みながら
家族や大切な友達と過ごす、リラックスした楽しい時間。
暖炉の中で薪がぱちぱちと燃える音。
キッチンから香る、ゆっくり煮込んだりオーブンで焼いている美味しい料理、
またはパンが焼き上がる香り。


世界で最も幸せな国とも言われているそんなデンマーク人の
ヒュッゲなライフスタイルを見習おうと欧米でも昨年頃には大ブームとなり、
最近では日本でも話題になり始めているようです。

冬になると日が短くなるデンマークでは、外食をするよりも
家で過ごす時間が多くなります。
家族で食べたり、友達が遊びに来たり。
そしてゆっくりした時間を楽しみます。

なんだか理想な暮らしですね。


ヒュッゲとは目に見えるものではありません。
フィーリングからくるものです。
ほっこりした雰囲気の中でのリラックスした気持ち。
楽しい時に心の底から幸せを感じた時のあの気持ちです。

なのでヒュッゲな暮らしのHow to はありません。
ヒュッゲスタイルのインテリアというものもありません。
自分にとって何が心地よいか考えてみましょう。

私が始めてヒュッゲという言葉を聞いて頭に浮かんだのが
子供の頃に過ごしたクリスマスでした。



キラキラ輝くツリーのライトやオーナメント。
両親が大好きだったビング・クロスビーの「ホワイトクリスマス」の曲。
母の編んだ下手な手編みのセーターを着て、
家族で暖炉の前でボードゲームをしながら笑ったり、
暖炉でマシュマロを焼いて食べたこと。
ソファの上で愛犬のコリー犬、キャンディーがぐっすり眠っている姿。
思い出すと体の芯から温かさを感じ、ついつい笑顔になります。

デンマークではなく、日本で過ごしたクリスマスでしたが、
まさにあれがヒュッゲだったんだなあ、と今になって思います。

そんなエピソードを思い出し、今年の12月は気持ちを楽にして
ヒュッゲの精神を忘れない月にしたいと願っています。

焦らずにtake it easy。
でもやるべきことはきちんとやる。
手を抜くということではなく、一つ一つやることの大切さを
考えながらやるっていうことだと思います。